アレルギーやアトピー性皮膚炎の悩みを青汁で解決することはできるの?

依頼人

ぶうぇっくしょん!ボリボリ(皮膚をかく)。


探偵AO探偵AO

花粉症にアトピーなのかな?


依頼人

そうなんですよ。つらいです。どうにかなりませんか?


探偵AO探偵AO

バランスがよい食事をとってる?適度な運動をしてる?十分な休養と睡眠はとってる?


依頼人

食事はお肉中心で野菜をあまり食べてないからバランスが悪いかもしれません。運動はあまりしてないです。ちょっと睡眠不足なところもあります。


探偵AO探偵AO

免疫力をあげたほうがいいね。栄養バランスと運動や睡眠をとると、身体の健康状態が向上して免疫力が高まるよ。

アレルギーとは?

依頼人

アレルギーってどういうものなんですか?


探偵AO探偵AO

食べ物や薬品の中の特定の成分、毒虫や植物、ホコリや花粉などを異物と認識してしまい、免疫機能が過剰に反応して、皮膚の炎症や粘膜の充血などの症状が現れる体質のことをアレルギーというよ。


依頼人

具体的にはどんな症状があるんですか?


探偵AO探偵AO

結膜炎、鼻炎、唇の腫れ、口の中のかゆみ、気管支、ぜんそく、顔やのどの腫れ、むくみ、蕁麻疹、湿疹、腹痛、下痢などの症状を起こすよ。


依頼人

花粉症も鼻炎に含まれますよね。身体が花粉を異物と認識してしまうんですね。


探偵AO探偵AO

そうだね。アレルギーを引き起こす原因となる要素は、アレルゲンと呼ばれるよ。アレルゲンとは抗原のこと。抗原が体内に入ると、身体は抗原に対抗して抗体を作るの。抗体は抗原と結びついてそれを排除しようとして、アレルギー反応が起こるの。


依頼人

よくわかりません。


探偵AO探偵AO

花粉の場合だと、花粉が身体の中に入ると花粉症になっちゃうということだよ。


依頼人

花粉が身体の中に入った人全員が花粉症になっちゃうんでしょうか?


探偵AO探偵AO

実は、同じアレルゲンが身体の中に入っても、すべての人が同じように反応するわけじゃないの。つまり、花粉が身体の中に入ったからと言って全員が花粉症になるわけじゃないんだよ。


依頼人

なんで花粉症になっちゃう人がいるんでしょうか?


探偵AO探偵AO

生まれつきの体質だったり、身体の外からいろいろな刺激を受けて異常な反応を起こすようになったと考えられてるんだよ。


依頼人

生まれつきだったり異常が起きることによってアレルギーになっちゃうんですね。

アトピー性皮膚炎とは?

依頼人

アトピー性皮膚炎ってどういうものなんですか?


探偵AO探偵AO

さまざまなアレルゲンによって、かゆみの強い独特の皮膚炎を起こすことをアトピー性皮膚炎というよ。


探偵AO探偵AO

具体的にはどんなアレルゲンがあるんですか?


探偵AO探偵AO

特定の食品やダニ、カビ、ホコリ、ペットの毛などが原因物質となってることが多いよ。特に悪化しやすいのは、額や目、口、耳の周り、首や手足の関節部に強いかゆみを伴う湿疹が主な症状だよ。

どうすればアレルギーやアトピーを改善することができるの?

依頼人

どうすればアレルギーやアトピーを治すことができますか?


探偵AO探偵AO

まずは、病院で何がアレルゲンになっているか調べることができるから調べてみるのが先決だよ。そして判明したアレルゲンは避けるようにすること


依頼人

ぼくは花粉がアレルゲンです。


探偵AO探偵AO

そしたら、なるべく花粉がないところで生活するのがよいよ。


依頼人

そうすることにします。他に気をつけることはありますか?


探偵AO探偵AO

脂肪や甘いモノをとりすぎないことも大切だよ。肉や油料理、糖分は、アレルギーを助長しちゃうから、魚介類や野菜を増やして食事のバランスを良くすることで、アレルギーが改善できる場合もあるの。


依頼人

お肉大好きなぼくから、お肉を取り上げるなんて・・・。


探偵AO探偵AO

それから、ビタミンB6やビタミンCをとることも大切だよ。ビタミンB6には、免疫機能を正常化する働きがあるの。ビタミンCにはアレルギー症状を起こすヒスタミンという成分の生成を抑える働きがあるんだよ。


依頼人

ビタミンB6やビタミンCが含まれてる食べ物や飲み物って何かありますか?


探偵AO探偵AO

両方とも、青汁に多く含まれてるよ。特にビタミンB6は大麦若葉の青汁ビタミンCはケールの青汁に含まれてるよ。大麦若葉の青汁は「大麦若葉の青汁ランキング」にあるよ。ケールの青汁は「ケールの青汁ランキング」にあるよ。

アレルギーやアトピーに向いてる食事とは?

探偵AO探偵AO

次のような原始的な食事、快便、快眠、適度の運動、ストレス解消なども心がけると改善に向かうよ。


  • 主食を食べるなら
  • 玄米、分づき米(白米と玄米が混じったもの)

  • 小麦を食べるなら
  • 全粒粉、少なくともフスマ(小麦の表にあたる部分)の入ったものよりも穀物、豆、イモ類

  • たんぱく質をとるなら
  • 肉、魚、卵よりも大豆類

  • 副食
  • 野菜、山菜、海藻、果物、青汁

  • 野菜の洗い方
  • 洗剤は使わないこと

  • 調理法
  • なるべく単純にして、できるだけ薄味にすること

  • 調味料
  • 塩、味噌、醤油は安全な自然のものを選ぶこと

  • 漬物や佃煮
  • 自家製の手作りにすること

  • 味付け
  • 油脂はあまり使わず、きな粉、すりごま、ピーナッツ、くるみを使うこと

  • 嗜好品
  • お茶は無農薬のもの、酒は添加物のない純正なものを少量だけ

  • タバコ
  • だめ

  • お菓子・ジュース
  • 栄養のバランスを乱すからダメ

解決!アレルギーやアトピーの悩みを青汁で解決することはできるの?のまとめ

  • 免疫力を高めるには、栄養バランスと運動や睡眠をとること
  • 判明したアレルゲンは避けるようにすること
  • 脂肪や甘いモノをとりすぎないこと
  • ビタミンB6やビタミンCをとること
  • ビタミンB6は大麦若葉の青汁、ビタミンCはケールの青汁に含まれてる