症状・目的別での青汁の選び方

依頼人

症状や目的から青汁を選びたいんですけど、どうすればいいですか?


探偵AO探偵AO

どういう症状なのか、どういう目的で青汁を選びたいのかがわかれば、青汁の原材料を元に、おいらが教えられるよ。


依頼人

家に帰ったら家族の分や親戚の分、友達の分、会社の後輩の分も選びたいんだけど、また探偵AOさんに聞くのはめんどくさいです。


探偵AO探偵AO

そしたら、おいらがわかる範囲で症状や目的を書いておくから、それを見てどの青汁を選べばいいのかわかるようにしておくね。


依頼人

お願いします。


探偵AO探偵AO

複数当てはまるなら、複数を組み合わせるといいよ。たとえば、疲れやすくて肌荒れもあるなら、大麦若葉かケールを使った青汁を選ぶといいよ。


  • 疲れやすかったりストレスがある人
  • ナトリウム、カリウム、マグネシウム、マンガン、カロテン、鉄、ビタミンCのいずれかが多く含まれている、大麦若葉、桑の葉、ケールを原料とした青汁がよい。


  • めまいがする人
  • ナトリウムが最も多い、大麦若葉を原料とした青汁がよい。


  • 食欲がない人
  • ナトリウム、カリウム、ビタミンB群が多い、大麦若葉を原料とした青汁がよい。


  • イライラする人
  • マグネシウム、ビタミンB群、カルシウム、ビタミンCのいずれかが多く含まれている、大麦若葉、桑の葉、ケールを原料とした青汁がよい。


  • 筋肉をほぐしたい人
  • ナトリウム、カリウム、カルシウムのいずれかが多い、大麦若葉、桑の葉を原料とした青汁がよい。


  • 生活習慣病などの病気を予防したい人
  • ガン:カリウム、カロテン、ビタミンE、葉緑素、食物繊維(大腸ガン)、ビタミンC、イソチオシアネート、カルコン、クマリンのいずれか多くが含まれている、大麦若葉、桑の葉、ケール、明日葉を原料とした青汁がよい。
    心筋梗塞:ビタミンEが多い、大麦若葉を原料とした青汁がよい。
    脳卒中:ビタミンEが多い、大麦若葉を原料とした青汁がよい。
    不整脈:カリウム、マグネシウムが多い、大麦若葉を原料とした青汁がよい。
    高血圧:カリウム、カルシウム、ビタミンCのいずれかが含まれている、大麦若葉、桑の葉、ケールを原料とした青汁がよい。
    心臓病:カリウム、マグネシウム、カルシウム、ビタミンCのいずれかが含まれている、大麦若葉、桑の葉、ケールを原料とした青汁がよい。
    脳血管障害:カリウムが多い、大麦若葉を原料とした青汁がよい。
    骨粗しょう症:マグネシウム、リン、銅、マンガン、ビタミンK、カルシウム、ビタミンCのいずれかが含まれている、大麦若葉、桑の葉、ケールを原料とした青汁がよい。
    糖尿病:ビタミンB群、食物繊維、デオキシノジリマイシン(DNJ)、クマリンのいずれかが含まれている、大麦若葉、桑の葉、明日葉を原料とした青汁がよい。
    腎症:ビタミンB群が多く含まれている、大麦若葉を原料とした青汁がよい。ただし、腎臓が極度に衰えているときは青汁を飲まないほうがよい。
    :食物繊維が多い桑の葉を原料とした青汁がよい。
    風邪:ビタミンCが多いケールを原料とした青汁がよい。
    壊血病:ビタミンCが多いケールを原料とした青汁がよい。
    悪性腫瘍を縮小したい:イソチオシアネートが多いケールを原料とした青汁がよい。


  • 便秘がちの人
  • カリウム、食物繊維、ルテオリンのいずれかが多く含まれている、大麦若葉、桑の葉、明日葉を原料とした青汁がよい。


  • 肌にトラブルを抱えていたり美肌になりたい人
  • 亜鉛、カロテン、ビタミンE、ビタミンB群、ビタミンCのいずれかが含まれている、大麦若葉、ケールを原料とした青汁がよい。


  • 動悸がする人
  • マグネシウム、銅が多く含まれている、大麦若葉を原料とした青汁がよい。


  • 頭脳が明晰になりたい人
  • リン、ビタミンB群、クマリンのいずれかが多く含まれている、大麦若葉、明日葉を原料とした青汁がよい。


  • 発育不良・発達障害などで身体の成長を促進したい人
  • リン、亜鉛、銅、ビタミンB群、マンガン(骨の発育)、ビタミンC(骨の発育)のいずれかを含む、大麦若葉、ケール(骨の発育)を原料とした青汁がよい。


  • 生殖機能が低下している人
  • 亜鉛、マンガンが多く含まれている大麦若葉を原料とした青汁がよい。


  • 味覚障害の人
  • 亜鉛が多い大麦若葉を原料とした青汁がよい。


  • 免疫力が低下している人
  • 亜鉛、ビタミンCのいずれかが含まれている、大麦若葉、ケールを原料とした青汁がよい。


  • 貧血気味の人
  • 銅、ビタミンE、ビタミンB群、鉄のいずれかが含まれている、大麦若葉、桑の葉を原料とした青汁がよい。


  • 髪の毛にトラブルを抱えている人
  • 銅が最も多く含まれている、大麦若葉を原料とした青汁がよい。


  • 老化防止をしたい人
  • カロテン、ビタミンE、ビタミンB群、カルシウム、ビタミンC、メラトニンのいずれかが多く含まれている、大麦若葉、桑の葉、ケールを原料とした青汁がよい。


  • 肩こりの人
  • ビタミンEが多く含まれている、大麦若葉を原料とした青汁がよい。


  • 傷が治りにくい人
  • 亜鉛、ビタミンK、鉄、ビタミンC(歯茎や皮下の出血)のいずれかが含まれている、大麦若葉、桑の葉、ケール(歯茎や皮下の出血)を原料とした青汁がよい。


  • 炎症がある人
  • ビタミンB群、葉緑素を多く含む、大麦若葉を原料とした青汁がよい。


  • 食中毒予防したい人
  • ビタミンB群、イソチオシアネートのいずれかを含む、大麦若葉、ケールを原料とした青汁がよい。


  • 口臭・体臭が気になる人
  • 葉緑素が最も多く含まれている、大麦若葉を原料とした青汁がよい。


  • コレステロールを調整したい人
  • 葉緑素、食物繊維、イソチオシアネートのいずれかを含む、大麦若葉、桑の葉、ケールを原料とした青汁がよい。


  • 月経が重かったり、生理痛がある人
  • 鉄を多く含んでいる、桑の葉を原料とした青汁がよい。


  • 歯茎やアゴを強くしたい人
  • 食物繊維を多く含んでいる、桑の葉を原料とした青汁がよい。


  • 肥満・太り過ぎの人
  • 食物繊維、デオキシノジリマイシン(DNJ)が豊富に含まれている、桑の葉を原料とした青汁がよい。


  • 眠れない人
  • メラトニンを多く含む、ケールを原料とした青汁がよい。


  • 血液をサラサラにしたい人
  • イソチオシアネートが多く含まれている、ケールを原料とした青汁がよい。


  • じんましん・アレルギー・エイズウィルスの増殖を阻止したい人
  • カルコンが豊富に含まれている、明日葉を原料とした青汁がよい。


探偵AO探偵AO

青汁は、重い病気は治せないかもしれないけど、予防をしたり、症状を軽くするモノだということは、忘れないでね。

探偵AO探偵AO

大麦若葉の青汁は「大麦若葉の青汁ランキング」、桑の葉の青汁は「桑の葉の青汁ランキング」、ケールの青汁は「ケールの青汁ランキング」、明日葉の青汁は「明日葉の青汁ランキング」にあるよ。

解決!症状・目的別での青汁の選び方のまとめ

  • 青汁に使われる原材料に含まれている葉っぱを元に、症状・目的から青汁を選ぶ
  • 複数の症状・目的があったら、組み合わせる
  • 症状を予防したり軽くするのが目的