野菜嫌いとは?

特定のものや偏ったものしか食べないことを偏食と言います。
野菜を食べず、お肉や甘いものばかり食べることを野菜嫌いと言います。
偏食のほとんどは、野菜嫌いのことを言うことが多いみたいです。
それでは、野菜嫌いになる原因はなんでしょうか?
実は、生まれ育った環境や食習慣、子供の頃に受けたしつけなどが影響しています。
例えば、体調が優れなくて食欲がないときも、ついつい口当たりの良い肉類や甘いモノばかりを食べてしまうことはありませんか?
体調が悪いときだけならまだ良いのですが、それを毎日繰り返していると、野菜嫌いへとつながります。
その体調も、野菜嫌いから来ることもあります。
野菜嫌い→体調が悪くなる→食欲がなくなる→肉や甘いものばかり食べる→野菜嫌い→・・・
という悪循環に陥ります。

野菜嫌いをなくすには?

どうすれば野菜嫌いをなくすことができると思いますか?
なんと、野菜嫌いには、青汁がおすすめです。
まず、青汁によってビタミン・ミネラルを順分に補給して体の調子を整えます。
体の調子が良くなれば食欲が出てきます。
食欲が出て来ると、味を濃くして無理に食欲をわかせることが必要でなくなるから、薄味の料理を好むようになります。
そうすれば、どんな食べ物でも食べられるようになります。
だから、野菜嫌いには青汁がよいのです。

野菜嫌いは子供に多い?

野菜嫌いは圧倒的に子供が多いです。
大人になっても野菜が苦手だという人もいますけどね。
しかし、青汁を飲み始めると好き嫌いが減ってきます。
すると、体重が増えたり、胸囲も発達し、顔色も良くなり、バランスの取れた固太りのがっしりした体つきになってきます。

青汁がまずくて飲めない場合はどうする?

最初は、青汁は飲みにくいかもしれません。
苦い、まずい、おいしくないなどの理由でです。
おいしく飲むためには、牛乳や果物ジュースと混ぜたり、はちみつで甘くして飲みやすくするのがよいです。
だんだん牛乳や果物ジュース、はちみつの量を減らしていって、青汁の味に慣らしていきます。
そうすると、いつのまにか何も入れなくても青汁が飲めるようになってます。
そして、いつのまにか野菜も食べられるようになっているというわけです。

まとめ

  • 野菜嫌いとは、野菜を食べず、お肉や甘いモノばかり食べることを言う。
  • 野菜嫌いをなくすには、青汁を飲むこと。
  • 野菜嫌いは圧倒的に子供が多いが、青汁を飲み始めると好き嫌いが減ってくる。
  • 青汁が飲めない場合、牛乳や果物ジュース、ハチミツで飲みやすくすれば飲めるようになる。