胃が重くて食欲がわかなかったり、お腹は空いているのに食べたいものがなかったり、食べたくない気持ちを持ってたり・・・。
そんなときはありませんか?
食欲がないと元気も出てきませんよね。
なんとかして食欲を出して、元気も出したいところです。
どうしたら食欲がでるのでしょうか?

実は、青汁を飲むと食欲が出てきます

どうして青汁を飲むと食欲が出て来るの?

なぜ、青汁を飲むと食欲がわいてくるのでしょうか?
青汁は、簡単に言ってしまえば、野菜の汁です。
野菜の汁を飲んだだけで本当に食欲が沸いてくるのでしょうか?

なんと、青汁を飲むと食べ物の好みが変わってきます
食べ物の好みが変わると、食べられるものが増えて、食欲がわいてくるのです。

どのように食べ物の好みが変わってくるの?

主食では白米より玄米、つきの少ない米、麦、豆、イモ類、レバー、小魚などが食べたくなるようになります。

白米はおいしいけど玄米に比べると栄養が劣ります。
あまりおいしくない玄米のほうが栄養はたっぷり含まれてます。
具体的には、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養が違ってきます。
白米より玄米のほうがビタミン、ミネラル、食物繊維が多いということです。

レバーは独特の味がするから、食べるのをためらってしまうかもしれません。
しかし、栄養がものすごいつまってます。
たとえば、必須アミノ酸やビタミンが多く含まれています。
栄養の宝庫と言われるくらいです。

ちなみにイモ類であるサツマイモは、繊維の宝庫と言われてます。
食物繊維が多く含まれているからそう呼ばれています。

それから、野菜類では、生野菜が好きになります。
野菜も、火を通すとビタミンが壊れてしまったりするので、生野菜を食べたほうが栄養が失われません。

味付けも、こってりした濃いものが好きだとしたら、あっさりした薄味が好きになるようになります。
調味料をまったく使わなくなる人もいるくらいです。

お菓子類やお酒、タバコもあまり口にしたくなくなります。

このように、食べ物の好みが変わると、食欲が出てきます。
つまり、青汁を飲み始めると、ごちそうじゃなくても薄味だとしても、食べたい気持ちが沸いて出てくるのです。
季節に関係なく食べられるようになるから、夏痩せなどもなくなり、痩せすぎの人は健康的に体重が増えていきます。

まとめ

  • 食べ物の好みが変わると、食べられるものが増えて、食欲がわいてくる。
  • 青汁を飲むと薄味が好きになるようになって、食べたい気持ちが沸いて出て来る。