最近、汗をかくほど暑くなってきました。
夏が近づいてきているみたいです。
暑いと、夏バテになったりしてやる気が失われてしまうことがあります。
どうしたら夏バテを予防することができるでしょうか?

夏バテの原因とは?

夏バテになると、食欲がなくなります。
他にも、だるくなったり無気力になったりもします。
夏バテになる原因はなんでしょうか?
原因は3つあります。

1つ目は、冷たいものを飲んだり食べたり、冷房に当たりすぎて体が冷えてしまうことです。
アイスを食べたり氷入りのジュースを飲んだりすると、おなかが痛くなってしまうことがありますよね。
胃腸が冷えて、食欲が出なくなってしまうのです。
冷房もつけすぎると、頭が痛くなったり、体が冷えてしまうことがあります。
そして体調が悪くなってしまいます。

2つ目は、水分とミネラルが足りないことです。
暑くなると体温があがって汗をかきます。
汗をかくのは体温を下げるためですが、汗は体内の水分とミネラルを一緒に外に出してしまいます。
そうすると、脱水症状を起こしてしまいます。

3つ目は、ビタミンやミネラル、たんぱく質などの栄養が不足していることです。
暑さにやられると、胃の調子が悪くなり、栄養の吸収も悪くなります。
そうすると、食欲が出なくなってしまいます。

どうすれば夏バテを防げるの?

では、夏バテになってしまったらどうすればいいのでしょうか?

体を冷やさないことと、水分とミネラルをとること、食事の内容に気をつけることが大切になってきます。

体を冷やさないというのは、なるべく冷たいものを飲んだり食べたりしないということです。
たとえば、温かいお茶を飲むと良いです。
冷房も設定温度に気をつけます。
部屋の温度と外の気温の差が5℃以内になるのが理想的だそうです。

水分をとることというのは、こまめに水分をとるということです。
夏にかく汗は、1日2~3リットルと言われています。
かなりの量ですよね。
だから、こまめに水分をとるほうが良いのです。

食事の内容に気をつけるというのは、ビタミン、ミネラル、たんぱく質をとるこということです。
たんぱく質は肉、大豆、魚などからとることができます。
ビタミン、ミネラルは野菜からとることができます。
簡単にとりたいのなら、青汁がおすすめです。
ビタミン、ミネラルを豊富に含んでいるのが青汁です。
おすすめの青汁は、「健康になりたい人向け葉っぱ100%の青汁ランキング」を見てみてください。
葉っぱ100%の青汁には、ビタミンやミネラルが多く含まれてます。
青汁を飲み続けていると、四季を通じていつも食が進むから、夏バテしないばかりか、夏の間もぐんぐん体重が増えていきます。
夏バテには青汁がピッタリなのです。

まとめ

  • 夏バテの原因は、体を冷やすこと、水分が足りないこと、栄養が不足していること。
  • 夏バテを防ぐには、体を冷やさないこと、水分をこまめにとること、ビタミン・ミネラル・たんぱく質をとること。
  • 夏バテには、青汁がよい。